活動報告

2019年12月16日

活動報告2019年度 第4回 福島県歯科衛生士会研修会

令和元年度第4回福島県歯科衛生士会研修会

「がん患者を支える口腔支持療法の理論と実際」

日時  令和元年12月8日(日) 10時~12時30分
場所  杉妻会館  3階 百合の間
講師  宮城県立がんセンター 歯科診療科長 臼渕 公敏 先生
参加者  73名

今回は、宮城県立がんセンター歯科診療科長の臼渕公敏先生をお招きして、がん患者を支えるための口腔からの支援についてご講演をいただいた。

現在がん治療は、多職種連携チームによる支持療法が必須とされている。その中でも歯科衛生士や歯科医師による口腔機能管理は大変有効である。
そこで今回は、歯科医療従事者が多職種連携チームに参加するに際して知っておくべき全身管理の基本、がんの病態や治療に関する知識と口腔機能管理のエビデンスについて症例を交えてご講演をいただいた。

口腔に携わる歯科衛生士として、がん患者の口腔トラブルを出来るだけ少なくするため、口腔内をよく見て、口腔有害事象の予防と早期発見に努めることが大切であると強く感じた。また抵抗力の低下や止血異常の有無を確認するため臨床検査値の白血球数、血小板数は注視することが必要である事も学んだ。
疼痛緩和、感染予防のため、口腔ケアの大切さと難しさを改めて考えさせられた、有意義な研修会だった。










活動報告 一覧