TOP » インフォメーション

インフォメーション

2018年12月15日

活動報告

第4回福島県歯科衛生士会研修会

「障害者の歯周病治療とメインテナンス~成功に導くための理論と実際~」

「歯科衛生士が行う障害者歯科での歯周病管理」

 

講師:東京都立心身障害者口腔保健センター

    診療部治療室長   関野 仁 先生

    主任歯科衛生士   岩佐 美里 先生

日時:平成30129日(日)10301530

場所:福島県歯科医師会館   参加者:56

 

今回は、障害者の歯周治療について日本歯周病学会専門医と日本障害者歯科学会認定医を取得されている歯科医師の関野仁先生と日本歯周病学会認定歯科衛生士と日本障害者歯科学会指導歯科衛生士を取得されている歯科衛生士の岩佐美里先生を講師に招き、各々の立場から実際の症例を提示して頂きながらご講演を頂いた。

 全身麻酔の応用により歯周ポケット内の細菌叢の変化が起き、善玉菌が多くなり後戻りしにくくなった。SPT時には超音波スケーラーでデブライトメントを行ったり、PMTCを行うといった歯周病管理をシステム化することにより病状が安定した具体例を写真と共に解説して頂いた。

 また、歯科衛生士が行う歯周病管理として行動変容法の応用、口唇・頬粘膜の排除、開口誘導・開口保持などを学んだ。

障害のある人の歯周病管理は障害を理解し、機能や能力に合わせたセルフケアの支援をし、介助者との協力を得ながら、安全で質の高いプロフェッショナルケアを行うことが大切である。

 障害者だけではなく健常者の診療にも活用できる内容で大変勉強になりました。

Photogallery

フォトギャラリー1
フォトギャラリー1
フォトギャラリー1



» インフォメーション一覧へ戻る

ページの先頭へ